債務整理であなたの借金は減額できる可能性があります。
債務整理が得意な事務所を探す
銀行・消費者金融・カード会社
からの借金の減額
過払い金の診断や返還請求 個人間の
金銭トラブル
携帯料金の
支払い
闇金
トラブル
詐欺被害による
金銭トラブル
ブラックリスト
の情報削除
滞納中の税金の
減額・免除

大手弁護士・司法書士事務所が対応。
債務整理が得意な事務所に相談できる
債務整理専門サイトです。

『 借金減額の相談所 』4つの安心
実績豊富な大手が対応 実績豊富な
大手が対応

債務整理に注力している大手事務所を掲載

相談無料の事務所多 相談無料の
事務所多数

負担を感じず相談できる事務所ばかり

いつでも相談受付 24時間
相談受付

内容を確認後、弁護士・司法書士からご連絡

プライバシー厳守 プライバシー
厳守

家族・会社に秘密にしたまま解決へ

こんな悩みを抱えていませんか?
借金減額の専門家が借金返済で苦しい生活から解放される手助けをします!
債務整理が得意な事務所を探す
債務整理を専門家に依頼するメリット
1
相談者に適した
解決方法を提案
してくれる

債務整理にもさまざまな方法があるので、自分だけでは正しい判断ができず、失敗に終わってしまうこともあります。一方、債務整理が得意な弁護士・司法書士なら、相談者の状況に合った解決方法を提案してくれます。まずは相談するだけでも大きなメリットとなるでしょう。

2
依頼すれば
直ちに催促STOP

債務整理を依頼すると、弁護士・司法書士は「受任通知」というものを債権者(貸主)に送ります。これにより、債権者は債務者に直接連絡することができなくなり、催促や取り立ての連絡はストップします。精神的な負担が軽減される点だけをとっても、弁護士・司法書士への依頼は大きなメリットになります。

3
債権者交渉
成功しやすい

債務整理で借金を減額させる際には、債権者との交渉が必要になる場面が多くあります。今まで返済が滞っていた債務者が債権者と直接交渉しても、なかなかうまくいかないでしょう。一方、弁護士や司法書士は交渉のプロなので、債権者が納得するよう、論理的に減額・返済方法を提案してくれます。

4
面倒な手続き
行ってくれる

債務整理を自分で行おうとすると、交渉以外に事務的な手続きの煩雑さも大きな負担となります。これが原因で、債務整理を諦めてしまう人もいるようです。弁護士・司法書士に依頼すれば、面倒な手続きもまとめて代理で行ってくれるので、依頼者は生活の立て直しに専念できるでしょう。

5
家族や会社には
内密に進められる

借金問題を抱えている方の多くが、債務整理をすることで周囲にその事実が知られないかを気にされています。弁護士・司法書士に依頼した場合は、債権者からの連絡は基本的にそちらにいくことになるので、ご家族や会社に知られることなく、内密に進めることができます。

債務整理が得意な事務所を探す
借金減額の方法
債務整理には4つの方法があります。
1
月々の返済額を
減らしたいなら…
任意整理
2
借金の総額を
減らしたいなら…
個人再生
3
収入がなく
返済できないなら…
自己破産
4
過払い金があるか
調べたいなら…
過払い金
請求
1
月々の返済額を減らしたい
任意整理( にんいせいり )

借入先の業者と話し合い、毎月の返済額や期間を、あなたの収入状況に基づいて調整する手続きです。

 こんな人におススメ!
毎月の返済額を減らしたい
利息をなくしたい
返済期限を延ばしたい
業者からの催促を今すぐ止めたい
返済経過を見直したい
開く 閉じる
2
借金の総額を減らしたい
個人再生( こじんさいせい )

すべての借金を最大で半額以下まで減額し、残った借金を3年もしくは5年で分割し、返済する手続きです。

 こんな人におススメ!
借金の総額が、5,000万円以下
継続的な収入は見込めるが、
借金の総額が多すぎて返済に困っている
自己破産したくない
持ち家を手放したくない
閉じる 開く
※アルバイトやパートの方も収入状況によって受けることができます。
必要な期間
  • 4~6ヶ月
※受任後すぐに、各業者へ催促をやめるよう通知を行いますので、最短即日に業者の催促から解放されます。
費用の目安
  • 裁判所への申立て費用
  • 弁護士費用:30〜50万円
    ( 事務所によって変動します )
ただ、ご自身で申立てると一括で21万円を請求されてしまうので、弁護士へ依頼し、分割で支払った方が負担は少ないかと思います。
3
収入がなく返済できない
自己破産( じこはさん )

全財産を現金に換金し、借金を清算する、生活を立て直すための制度です。裁判所から免責を受けると、借金がすべて清算され、ゼロになります。

 こんな人におススメ!
収入がなく、返済の見通しがつかない
個人再生しても返済できる見込みがない
閉じる 開く
必要な期間
  • 3ヶ月~1年
費用の目安
  • 自己破産自体の費用
    同時廃止事件;1万5,000円~4万5,000円
    管財事件:50~80万円
    弁護士ありの管財事件( 少額管財事件 ):20万円
  • 弁護士費用:25~40万円
同時廃止になるかどうかは裁判所の判断ですが、弁護士がつくことで、より同時廃止が認められやすくなります。
4
過払い金があるのか調べたい
過払い金請求( かばらいきんせいきゅう )

あなたが支払った違法な金利を、業者から取り返す手続きです。正確な過払い金を計算し、業者と交渉して返金してもらう流れになります。

 こんな人におススメ!
18%以上の金利を支払ったことがある
2010年以前にクレジットカードで
キャッシングリボ払いを利用した
2006年以前に借り入れをしていた
借り入れから5年以上経過している
閉じる 開く
過払い金請求の注意点
  • 過払い金の請求は10年です。
そのため、完済から10年以上経過しているものに対しては、請求できません。
費用の目安
  • 弁護士費用
    着手金:約2万円( 借入れ1社ごと )
    成功報酬:返金された金額の約20%
あなたに合った解決方法を専門家が教えてくれます。
債務整理が得意な事務所を探す
実際に借金減額できた方の事例
事例
1
任意整理+過払い金請求
30代 / 女性
弁護士の交渉と引き直し計算で借金総額が300万円も減りました
依頼前
借入総額
320万円
業者数
3社
依頼後
借入総額
20万円
業者数
1社

こちらの方は専業主婦で、生活費の補填のために借入れを行うようになりました。初めは1社だけでしたが、返済が困難になり、他社からも借り入れて返済に充てるなど、次第にやりくりに苦労するようになりました。結果、借金総額は約320万円に上り、新規借入れも困難になってしまいました。

この状況から抜け出したいと弁護士に相談し、任意整理を行うことを選択。弁護士が交渉や過払い金の引き直し計算をした結果、借金総額を約20万円まで減らすことに成功しました。月々約1万円ずつ、約1年半返済していくことで和解が成立しました。

事例
2
任意整理+過払い金請求
40代 / 男性
210万円の借金が150万円の貯金に変わりました
依頼前
借入総額
210万円
業者数
依頼後
借入総額
0万円
業者数

こちらの方はギャンブルが趣味で、仕事にも熱心に取り組んでいたものの、費用工面のために借入れを行うようになりました。その結果、借入総額は210万円に上りました。

友人に紹介された弁護士に相談し、任意整理を行うことを選択。弁護士の対応により借入金の減額に成功したうえ、複数社から過払い金が返還されたことで、債務が完済できただけでなく、手元に155万円のお金が残りました。

あなたの借金も減額できる可能性があります。まずは専門家にご相談ください。
債務整理が得意な事務所を探す
ご相談の流れ
STEP 1
状況のヒアリング

弁護士・司法書士があなたの借金問題の状況をお聞ききします。不安な点やお悩みは何でもご相談ください。もちろん、ご相談内容がほかの人に漏れることはありません。

STEP 2
状況のヒアリング

弁護士・司法書士があなたの状況に合った最適な解決案をご提示します。借金の減額・返済シミュレーションを確認しましょう。また、弁護士・司法書士へ正式に依頼する場合は費用がかかりますが、最終的には借金の減額分のほうが専門家費用よりも大きくなり、金銭的な負担が減るケースが多いです。費用倒れになってしまいそうな場合は弁護士・司法書士が教えてくれるので、依頼を見合わせればOKです。

STEP 3
状況のヒアリング

ご提示した解決案に納得いただけたら、正式に契約を結びます。すぐにお手続きを開始し、早い場合には即日取り立てがストップする場合もあります。

STEP 4
状況のヒアリング

契約後は、より正確に借金の残高を調査します。ヒアリングと異なる状況であった場合でも、減額・返済シミュレーションを再度しますのでご安心ください。調査結果をもとに、債権者と和解交渉を進めます。

STEP 5
解決!

債権者との間で和解案が取りまとまれば晴れて解決です!仮に和解できなかった場合は、裁判所で調停の手続きをすることになりますが、これも弁護士・司法書士が全力でサポートします。

あなたの借金も減額できる可能性があります。まずは専門家にご相談ください。
債務整理が得意な事務所を探す

ご自身の借金問題について、誰かに話すことをためらってしまう気持ちがありませんか?もちろん、反省すべき点もあるかもしれません。

しかし、実際には多くの方が、借金問題を弁護士や司法書士に相談しています。弁護士・司法書士は、「収入が減ってしまった」「つい趣味にのめり込んでしまった」など、相談者それぞれにさまざまな事情があることを重々理解しており、あなたを責めるようなことはありません。債務整理は、国が法律で定めた救済措置なので、恥ずかしがる必要はありません。

一人で思い悩まず生活を立て直すための第一歩を踏み出してください。
債務整理が得意な事務所を探す
よくある質問
相談は本当に無料ですか?

当サイトからの相談内容の送信は無料です。また、債務整理については多くの事務所で、何度でも相談無料という体制を取っていますので、費用を心配せずに相談できます。詳しくは面談前にご確認ください。

本当に取り立ての電話が止むのですか?

依頼者と正式に契約すると、弁護士・司法書士は債権者に対し「受任通知」というものを送ります。これにより、債権者はお金を貸している人に直接取り立てができなくなると、法律で定められています。したがって、あなたの元に取りたての電話がいくことはなくなるのです。以降は、弁護士・司法書士が代理となってやり取りを行います。

弁護士・司法書士に相談した結果、債権者から嫌がらせを受けるのではないかと心配です。

上述の通り、受任通知を送れば債権者が債務者であるあなたに接触することは制限されます。弁護士・司法書士もあなたを守ってくれますので、ご安心ください。

本当に家族に内緒にできますか?

ご家族に借金がばれるケースでは、債権者からの取り立ての連絡が原因であることが多いです。受任通知により、取り立ての連絡は止みますので、ご家族に秘密にしたまま、解決に向かうことができるでしょう。もちろん、弁護士・司法書士もあなたのプライバシーを厳守します。 なお、裁判所を通す「個人再生」や「自己破産」では、ご家族に秘密にしたままというのは難しくなってしまいますが、ご相談者様の意向を伺いながら、できるだけご家族に内緒にしたまま進められるプランを弁護士・司法書士が提案してくれますので、気軽にご相談ください。

どのくらいの費用がかかりますか?

事務所によって違いはありますが、相場は着手金4万円、残債務を減額した分から10%の成功報酬と、取り返した過払い金から20%の過払い報酬としているところが多くなっております。まずはご相談いただき、事務所にお尋ねください。

費用の分割・後払いは可能ですか?

事務所によりますが、分割払いや後払いに対応しているところや、着手金無料にしているところもあります。お手持ちの費用がない場合でもまずはご相談ください。

不安なことや不明点があればご相談時にぜひお聞かせください。
債務整理が得意な事務所を探す